マックのアルバイトは高校生には辛いよ

マックのアルバイトは高校生には辛いよ

最近の高校生は甘やかされて育っていたりします。
だからちょっとつらいことがあると逃げ出してしまいがちですね。
しかし、その習慣が身についていると将来クズになってしまうかもしれません。

 

その根性を叩き直すのに最適なアルバイトがあります。
人生修行もしっかり出来てお金がもらえるアルバイトです。
それはマクドナルドのアルバイトです。

 

マックはバイトの事をクルーと読んでいます。
どいういう意味かというと、マックのお店を一つの船として例えていて、
そこで働いている人は乗組員です。それなのでクルーと呼ばれているのです。
そして店長は船長なのでしょうね。

 

でも店長のことをキャプテンと呼ぶことはないので、安心しましょう。

 

マックはレジとキッチンに分かれます。中でハンバーガーを組み立てるのは男性クルーが、
そいて、レジは女性クルーが行うことが多いです。

 

レジから例えばハンバーガープリーズと言われたら、厨房担当はハンバーガーサンキューと
言わなければなりません。なぜサンキューなのか分かりません。
意味不明な掛け声が嫌でしたが、我慢して発声しましょう。

 

それがお金を貰って働くということなのです。

 

それから客が来てに時は常にダスター(ふきん)を持って掃除をしなければなりません。
汚れてなくても吹いているふりをしなくてはいけない所がつらいのです。
全く休ませてくれません。限界まで労働力を搾り取れれましょう。