借金は書類に残るモノだけが借金ではありません。

借金は書類に残るモノだけが借金ではありません。

借金とはキャッシングやローンなどの、書類に残るモノだけが借金ではありません。
他にも、親に借りたお金も、友達に借りたお金も、会社に借りたお金も、全て借金ということを感じなくてはいけません。

 

借りた方は、軽い気持ちで借りていますが、貸した方は忘れることはできません。
金額の問題ではなく、お金の貸し借りをするのであれば、親が一番問題にはなりにくいでしょう。
苦しんでいる子供に対して、絶対にお金を貸さないとは言わないからです。

 

逆に、絶対にしてはいけない借金の仕方としては、知人や友人にお金を借りるという行為です。
知人や友人の場合は、ケンカや争いの素になることが、はっきりと分かっていますし、借りれなかったとしたら、後々にはお金を借りれない方が、良かったと思えるはずです。

 

お金に切羽詰まった状態の時は、友達であろうと親であろうと、自分のことしか見えない状態になっていることが多いです。
借りたら返すの当たり前のことを、再認識してしっかりと返す段取りをして行きましょう。
借金をしたいと思っている人など、この世にはいないと思います。
身軽に生活できるように、生活状況を改善して行きましょう。
借金 踏み倒し