多国籍の職場でアルバイト

多国籍の職場でアルバイト

私は多国籍の職場でアルバイトをしていました。それは2006年の話です。
どんな国の人がいたのかというと、一番多いのがやはりみなさんの予想通り中国人です。
人数は5人以上いましたね。マー、ショウ、リン、リュウなどです。
ぶちきれてすぐ辞めた奴もいました。
怒りの理由はよくわからずキレられた方は理不尽な怒りを向けられて戸惑っていました。

 

それから韓国人です。これは以外に少なく1人でした。
そして、アメリカ人。エメリヤーエンコ・ヒョードルに似ていましたが、身長は160cmくらいしか
ありませんでしたので、威圧感や迫力は一切ありませんでした。

 

そして、日系ブラジル人です。ブラジル人というとラテン系で陽気なイメージもありますが、
あまり陽気な感じはありませんでした。

 

それからネパール人もいました。

 

合計6カ国の人間が同じ職場で働くわけです。しかも深夜です。
しかしあまり問題は起こりませんでした。
それは単純作業で決められた事をやるだけでしたから。

 

仕事に対する意識は外国人はそれほどありませんでした。
まあ、低賃金のアルバイトなので、そんなに勤勉さをもって働くのは日本人くらいでしょう。
いろいろな国民性が分かって面白かったですね。

 

やはりアジア系が多かったのでアフリカ系、ヨーロパ系もたくさんいると
もっと面白くなりそうでした。